chill time

神話が息づく植物:古事記に見る大麻と神道

日本の神道における大麻の使用は、古事記を始めとする日本の古代文献にその起源を見出すことができます。古事記に記された神々の物語は、日本の宗教や文化、価値観に大きな影響を与えてきました。その中で、大麻は神聖な植物として、清め奉られております。また麻の奉納など、多くの場面で重要な役割を果たしています。

大麻と神道の神聖な繋がり

大麻は、古事記に記される神話の時代から、神聖な儀式において重要な役割を担ってきました。この植物は、神々と人間との間のコミュニケーションを促進する手段として、また不浄を払う力があると考えられてきました。特に、神道におけるお祓いの儀式では、大麻の束(おおぬさ)が用いられることで知られています。この儀式では、大麻の束を振って人や物を清めることで、神々の前にふさわしい純粋な状態を作り出します。つまり麻は魔除けの意味が有るのです。魔除けの漢字を紐解くと「麻」という漢字の下に「鬼」があります。漢字にも神道と麻の関係性が垣間見えます。

古事記における記述

古事記には、天照大神が岩戸に隠れた際、神々が大麻を用いて彼女を岩戸から引き出そうとしたという逸話が記されています。この話は、大麻が神々の間でさえコミュニケーションの手段として用いられていたことを示しています。また、大麻が神聖なものとして扱われ、神々の世界と人間の世界を繋ぐ架け橋の役割を果たしていたことを物語っています。

現代における意義

POINT

現代の日本において、大麻取締法により大麻の使用は厳しく制限されていますが、神道の儀式では引き続きこの伝統的な植物が使用されています。これは、古事記や日本書紀などの古典文学に記された神話や伝説が、現代の宗教的実践においてもなお影響を与えていることを示しています。

Dr'麻暴

このブログを通じて、古事記と大麻の繋がりを深く掘り下げ、日本の古代文化が現代にどのように息づいてきたかを学ぶ機会が得られました。古事記に登場する神話は、単なる物語を超え、日本人の精神性や文化の根底に流れる重要な要素であることが分かります。大麻と神道の関係性を通じて、私たちは日本の伝統と現代の間に存在するのだと深く考えました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事